PocketWPは、暗号資産(暗号通貨/仮想通貨)の情報を
整理・ストックするサービスです(β)
Securitize(DS) WP 日本語機械翻訳版
edit 編集

セキュリティトークン | Securitize(DS) モバイル閲覧用 ホワイトペーパー 機械翻訳版

Securitizeの使命は、ブロックチェーン上の準拠したデジタル証券の発行と流動性を実現するための最先端のプラットフォームとなることです。これを実現するため、Securitizeは、実際にEthereumブロックチェーンのトークン情報をサポートするスマートコントラクトを含め、発行者にフルデジタルセキュリティライフサイクルのすべての要素を管理するツールを提供するテクノロジプラットフォームを構築しました。

  • 注意:
    本ページに掲載しているホワイトペーパーは、スマホ/モバイルでの読解の補助を目的に、原文を成形しストックしたものです。また、この引用文は投資を促すものではなくあくまで調査のための手軽な確認のために掲載しています。詳細な内容またはDisclaimer本文など、正しい情報は左記の原文等をご覧ください。 https://dyap07lrw8xxu.cloudfront.net/assets/uploads/whitepapers/DS-Protocolv1.0.pdf?mtime=20181004180112

1.証券化戦略の証券化

Securitizeの使命は、ブロックチェーン上の準拠したデジタル証券の発行と流動性を実現するための最先端のプラットフォームとなることです。これを実現するため、Securitizeは、実際にEthereumブロックチェーンのトークン情報をサポートするスマートコントラクトを含め、発行者にフルデジタルセキュリティライフサイクルのすべての要素を管理するツールを提供するテクノロジプラットフォームを構築しました。

Securitizeは、デジタルセキュリティの分野における主要な利害関係者を支援する柔軟なエコシステムを創出することにより、スマートな契約インフラストラクチャを設計しています。発行者、投資家、およびエクスチェンジ。

2.DSサービスとDSアプリケーションのデジタル所有権アーキテクチャ

この生態系の潜在的可能性と、関係する各ステークホルダーとカテゴリーのニーズの複雑さは、新しいアーキテクチャー・モデルを必要とします。このモデルは、異なるアクターによる柔軟で簡単な進化を可能にすべきである。複数のアクターの動的でオープンな参加を促進するデジタル所有権アーキテクチャーでなければなりません。

Securitizeは、デジタルセキュリティライフサイクルのあらゆる側面に対応するサードパーティのDSアプリケーション(デジタルセキュリティアプリケーション)をサポートするDSサービス(デジタルセキュリティサービス)インフラストラクチャの作成に重点を置いたこの新しいアーキテクチャを実装しています。既存のデジタルセキュリティに大きな価値をもたらし、その能力をオープンな方法で拡張するために、新しいアプローチを将来的に証明するためには、アクターが新しいDSアプリケーションを作成する能力が不可欠です。


さまざまな要素間の相互作用は、DSプロトコル(デジタルセキュリティプロトコル)によって階層化され、拡張可能なプロトコルによって管理されます。このプロトコルは、ステークホルダーに価値を提供しながら、ブロックチェインの不変の公開、配賦元帳の性質を利用してコンプライアンスに対応します。

Securitizeのデジタル所有権アーキテクチャ

Securitizeの最初の実装はEthereumブロックチェーンで機能しますが、目標はこのアーキテクチャモデルを追加の分散元帳システムに移行することです。

3.完全なライフサイクルサポート

他のイニシアチブは、セキュリティトークンオファリングの発行およびコンプライアンスの側面に焦点を当てています。セキュリティトークンの提供は、主にトークン発行者の目標に対応しています。場合によっては、プラットフォームがモジュールベースの構造に従っているため、集中化されたソリューション上で狭い方法で特定の機能を果たすプラグインのように動作します。

私たちは、他の多くのソフトウェア環境で実証されているように、既存および将来のユースケース向けに独立したアプリケーションをオープンに作成する能力は、はるかに堅牢でスケーラブルでオープンなソリューションだと考えています。

そのため、SecuritizeはDSプロトコルの設計をさらに進めています。DSプロトコルは、デジタルセキュリティ対応アプリケーション(DSアプリケーション)のライフサイクル全体を、トークン化された経済的権利の所有に関連する関連するイベントに対応させることを考慮しています。発行体だけでなく、投資家や取引所、ならびにそれらの間で必要となるかもしれない信頼関係も考慮します。これは、開発者がデジタル証券がステークホルダーに提供する価値を拡大できるエコシステムを作り出すことです。

4. DSプロトコルエコシステム

Securitizeは、証券市場の巨大な規模、多様な性質および特定の垂直的要件のために、デジタル証券の生態系が非常に多様であると考えています。Securitizeは、Digital Security Appsのエコシステムである特定の要素の特定の実装の柔軟な開発を容易にするモデルを使用することで、この多様性を実現することを目指しています。

このエコシステムの主な要素は次のとおりです。

  • DSトークン:DSプロトコルの機能で拡張されたERC-20準拠のトークン。
  • DS Apps:デジタルセキュリティの特定のライフサイクルイベントを管理するために設計されたスマート契約。これには、DSアプリ、取引専用DSアプリ、議決権DSアプリ、配当DSアプリなどがあります。
  • DSサービス:ライフサイクル管理とDSトークンへの準拠を可能にするDSプロトコルの基本インフラストラクチャ。DS Appsはこれらのサービスにアクセスして目標を達成することができます。DSサービスが含まれます:
    ・トラストサービス:さまざまな利害関係者間の関係を管理する。
    ・レジストリサービス:投資家情報のオンチェーンレジスタ
    ・コンプライアンス・サービス:発行者の要件に従ってDSトークンに適用される特定のコンプライアンスルールを実装しています。
    ・通信サービス:投資家に関連するイベントの通信を可能にする。

投資家の経験を向上させるため、Securitizeのプラットフォームは、DSEプロトコルをReady For Exchange(RFE)オフチェーンAPIで拡張しています。このAPIにより、Exchangesはデジタル証券エコシステムに簡単に統合され、投資家の顧客エクスペリエンスも向上します。

例えば、プライバシー制約のためにチェーン上で共有されていない、発行者と許可された取引所との間でKYC情報を共有することが可能になる。これは、発行者が投資家のためのキャップテーブルを維持し、関連するライフサイクルイベントが通知されるように連絡機構情報を発行者に提供できるようにするのに便利です(電子メールなど)。さらに、投資家プールに関する特定の情報へのアクセスを可能にするいくつかのREST API(例えば、規制に従って特定のカテゴリの投資家の割り当てなど)があり、投資家のダッシュボードで適切なユーザーエクスペリエンスを提供できるようになっています。

次の図は、DSプロトコルエコシステムのさまざまな要素の概要を示しています。


証券化のDSプロトコルエコシステム

次のセクションでは、このエコシステムのさまざまなコンポーネントについて説明します。続いて、デジタル証券のライフサイクルに関わるフローを明確にするために、いくつかのユーザーを紹介します。

5.DSトークン

DSトークンは、DSプロトコルで必要とされる追加のフックも実装するERC-20準拠のトークンです。このERC-20仕様に従って、DSトークン契約を照会して、特定のウォレットのトークンの残高またはトークンに使用可能な総供給額を取得することができます。

法令遵守に対処するために、トークンコントラクトにはtransfer()メソッドとtransferFrom()メソッドがオーバーロードされており、特定のウォレットアドレス間でトークンを交換できるかどうかコンプライアンスサービスを介してチェックします。

DSCは、ERC-20メソッドの他に、発行者がウォレットをブロックできるようにする方法や、規制要件のためにトークンをフリーズする方法を追加しています。また、DS Appsが配当の発行などのサービスを実行するために投資家リストを反復できるようにする方法も提供しています。

デジタル証券の発行者は、通常、発行元のDSアプリケーションまたはDS発行プラットフォーム(Securitizeのホワイトレーベルプラットフォームなど)を通じて、DSプロトコルを実装する独自のDSトークンを作成することができます。DSプロトコルの使用は、トークンと他のスマート契約との間の相互作用を標準化する。これらのスマートコントラクトは、デジタルセキュリティライフサイクル中に発行者、投資家、取引所に必要なセキュリティに重点を置いた追加の機能を提供します。

6.DSアプリ

DS Appsは、DSトークンに登録し、独自のインターフェイスに基づいて特定のライフサイクルイベントをトリガするために呼び出すことができる追加のスマートコントラクトです。通常、DS App開発者は、この特定のアプリの実行を管理するために、発行者にいくつかのフロントエンドインターフェイスを提供します。

たとえば、DS Tokensは、発行時に取得されるか、セキュリティトークン交換(STE)を介してセカンダリ取引を介して取得されるかにかかわらず、その基になる資産に応じて追加の権利を付与するか、特定のトークンは、ガバナンス権を提供したり、それらに関連した返済メカニズムを備えている場合があります。この目的のために、DSプロトコルの一部として、異なるDSアプリケーションをDSトークンに関連付けることが可能であり、DSトークンはトークンホルダーにそのような付加価値を提供することができる。

ユーザーの旅セクションには、ライフサイクルイベントの具体例とDSアプリケーションがDSプロトコル内でどのように機能するかが含まれています。

7.信頼サービス

DSプロトコルの主要コンポーネントはトラストサービスです。トラストサービスは、DSプロトコルアーキテクチャの残りのコンポーネントによって使用され、特定のアクターまたはDSアプリケーションが(通常、発行者によって)一定のアクションをとることができるようにします。トラストサービスによって制御されるアクションの関連する例は次のとおりです。

  • Issuerの役割で複数のEthereumアドレスを使用しますが、異なるレベルの権限を使用します。たとえば、レジストリサービスに投資家情報を追加するためにいくつかのアドレスが許可されてもよいが、特定のレジストリフェデレーションのみがレジストリフェデレーションを管理することができる。
  • Exchangeがレジストリサービスに追加のエントリを導入することを承認する。DS議定書のモデルがKYCと投資家の認定情報を新しい投資家のための取引所に集めることを前提とすると、信頼できる取引所だけがこれを行う権限を与えられる。
  • 特定のDSアプリケーションにCommsサービスなどのプロトコル機能を使用して、投資家に通信を送信できるようにする

ユーザー・ジャーニー・セクションでのサンプル・フローを単純化するため、図にはトラスト・サービスは含まれません。関係するすべてのアクターが、以前に提示されたさまざまな機能を実行する権限を持っているという前提があります。

8.レジストリサービス

レジストリサービスは、所与のDSトークンを保持する投資家の連鎖登録を保持する。各投資家は、プライバシー保護された方法で識別が可能な個人情報のハッシュから構築された一意のIDで識別され、以下の情報が含まれます。

  • 投資目的の国
  • 投資家のKYCステータス
  • 投資家認定/資格ステータス
  • 投資家のKYC有効期限
  • 投資家認定の有効期限
  • 投資家向けKYC情報ハッシュ
  • 投資家認定情報のハッシュ

発行者と取引所の役割の両方がレジストリサービスと対話して投資家を作成し、投資家を特定の財布に関連付けることができます。特に、レジストリサービスは、投資家が柔軟な方法でトークンの手当を管理できるように、同じ投資家に複数のウォレットを割り当てることをサポートします。

同一の投資家が異なる識別書類を使用して2回登録されている可能性のある状況を引き起こすために、追加の一意でないIDハッシュ(例えば、投資家名と生年月日のみに基づく)をレジストリに保持することもできる。そのような状況では、特定の方法でレジストリサービスの所有者が投資家のエントリを単一のレジストリにマージすることができます。このケースは、複数のエンティティが顧客識別情報(発行者や取引所など)を提供している場合や、特定のカテゴリ(米国投資家の限られた数など)でサポートされている投資家の数に制限があり、同じ投資家の二重計算を避ける必要があります。

レジストリサービスはフェデレーションモデルを許可します。フェデレーションモデルでは、特定の投資家のクエリに一致が見つからない場合、別の投資家レジストリにクエリを伝播できます。

9.コンプライアンスサービス

コンプライアンスサービスは、DSトークン契約からのtransfer()およびtransferFrom()検証コールを処理します。

レジストリサービスの送信者と受信者のアドレスを確認し、特定の発行に適用される制約を適用します。例えば、ファンド発行者は、米国でのプレゼンスをわずか99人の認定投資家に限定したいと考えるかもしれません。あるいは、Reg Sに従った発行者は、米国以外の国から米国投資家へのフロー・バックを防ぐ必要があるかもしれない。これらのルールはコンプライアンスサービスによって実施され、特定のトークンの転送を許可または拒否します。

コンプライアンスの発行者の特定の要件への準拠を容易にするため、コンプライアンスサービスは、転送を可能にするために必要となる可能性があるデータの保存および更新も担当します。これは、デジタルセキュリティと発行および取引の規制のコンテキストに非常に特有のものになります。特定のコンプライアンスサービスが保存および更新できる情報の例は次のとおりです。

  • サブスクリプション契約の遵守や署名された契約書のハッシュなど、投資家固有の情報。
  • 特定のカテゴリの投資家の数。たとえば、特定の国の非適格投資家。
  • 一定期間内に発生した取引の数

9.1追加コンプライアンスのサポート

特定の種類の資産については、トークン所有者が前の財布にアクセスできなくなった場合にトークンを再発行することが、適用される規則によって要求される場合があります。

コンプライアンス・サービスは、発行者がそのような再発行を許可することを許可または防止する責任も負っています。

10.Commsサービス

セキュリティ投資のライフサイクルでは、投資家に情報を提供できることが重要です。このようにして、トークン所有者は、流動性イベント、ガバナンスイベント、またはDigital Securityライフサイクルの基本的な部分であるその他の関連する側面を認識することができます。

DS発行プラットフォームによる最初の発行時に、投資家と連絡を取るための情報(電子メールアドレスなど)を収集することができます。しかし、この情報は、流通市場の取引所を通じてトークンにアクセスする新しい投資家の発行者には利用できない場合があります。

上述したように、RFE(Ready For Exchange)APIは、取引所によって発行プラットフォームとこの情報を共有するためにも使用され得る。プロトコルレベルでこれらの依存関係を避けるために、DSプロトコルにはCommsサービスが含まれています。

Commsサービスは、他の通信手段がオフチェーンで利用可能であることを前提にしておらず、Ethereumアドレス宛てのメッセージを受け入れる一般的な方法で定義されています。これにより、特定の発行プラットフォームまたは投資家の財布と異なる統合モードをサポートするCommsサービスのさまざまな実装の柔軟性が可能になります。Commsサービス機能へのアクセスは、トラストサービスを介して制御されるため、信頼できないアプリケーションによって悪用されて、潜在的なスパムを投資家に送信することはできません。

On-chain Comms Serviceの使用法は、Issuerが投資家と共有しているすべてのコンテンツとコミュニケーションに対して監査可能性を提供し、不変レジストリを持ちます。

Ethereumネットワークの既存のネイティブ機能に頼るのではなく、通信サービスに特定の実装を使用するかどうかは、目的への適合性に基づいています。Comms Serviceでは、メッセージの監査可能なストアが必要ですが、設計上、ダーク通信を提供することが目標であるため、Whisperメッセージは使用されていません。また、その目的でSwarmを使用することは、成熟度の高さのために適切ではありません。

Ethereumネットワークでは、新しい機能が十分にサポートされ、成熟しているため、Commsサービスに頼ることは可能かもしれません。例えば、将来、Commsサービスは、Ethereumネットワークによって提供されるネイティブのWhisperおよびSwarm技術を、その機能セットおよび成熟度がCommsサービスのニーズと一致するように使用する可能性があります。

11.User Journeys

さまざまなDSプロトコルコンポーネントが提供する機能を、一般的なDigital Securityライフサイクルの一部であるユーザーのさまざまな旅に適用して、詳細に検討します。対象となる特定の旅は次のとおりです:

  • 発行:これは、発行者が投資家、資金、および発行者トークンを投資家に集める初期のプロセスです。私たちは、発行プラットフォームを使用してDSプロトコルスマート契約を展開することを前提にしていますが、これはDS Appsなどさまざまな方法で行うことができます。
  • 投資家の経済的権利に関連したインライフ・イベント:デジタル・セキュリティーを発行することができる複数の業種があるため、この種のイベントのニーズは非常に多様です。これが、DSプロトコルのエコシステムアプローチが提供する柔軟性と、これらのニーズに対応するソリューションを提供する新しいDSアプリケーションを開発する開発者をサポートする能力の背後にある理由です。例として、このドキュメントでは、DSアプリケーションでサポートされている2つの特定のユースケースを検討します:
    ・配当または買戻しのような支払いを受け取る
    ・会社の決定に投票するような権利を行使できること。
  • 取引:取引所はこのプロセスの主要なアクターであり、既存の投資家が新しい投資家にトークンを売却することができますが、その過程で発行者と取引所はプロセスが適用される規制内で行われるようにする必要があります。

11.1発行

次の図は、デジタルセキュリティ発行のプロセスを示しています。


DSトークンの発行このプロセスでは、次の手順が実行されます。

  • 1.発行者は投資家をSTOにするために発行プロセスを開始する必要があります。このプロセスは、通常、DS発行プラットフォームまたはDSアプリケーションを介して行われます。この例では、このコンテキストでSecuritizeプラットフォームを検討しています。このプロセスはDSプロトコルの範囲外です。
  • 2.搭乗の一環として、発行者は投資家を特定し、KYC(顧客を知っていること)、AML(アンチマネーロンダリング)および認定ステータスを収集します。投資家はサブスクリプション契約に署名する必要があります。これも、DS発行プラットフォームで発生し、DSプロトコルの一部ではありません。
  • 3.発行者は、投資家からの情報を登録サービスに登録する必要があります。DS発行プラットフォームは発行者のためにこれを管理するか、または発行者はDSプロトコルメソッドregisterInvestor()を介してEthereumブロックチェーンでこれを直接行うことができます。この方法は、上記のレジストリサービスのセクションで説明したように、デジタルセキュリティライフサイクルに必要な情報を提供します。
  • 4.資金調達やDSディスカウントの範囲外の発行割引を含む発行プロセスが完了すると、発行者(通常はDS発行プラットフォームを通じて)がDSトークン契約を作成し、発行トークンを登録された投資家 DSトークン契約には、その目的のためのレジストリサービス契約の参照が含まれています。

11.2配当の発行

DSトークンは、発行時またはSTE経由で取得された場合でも、DSプロトコルによる管理が必要な基になる資産から追加の権利を移転することがあります。特定のDSアプリはDSトークンとやり取りして、これらのサービスを提供できます。

次の図は、DSアプリケーションが特定のDSトークンの配当を分配するロジックを実装する方法の例を示しています。

プロセスは次のようになります。

  • 1.発行者は、DS発行プラットフォームのコンソールを使用して配当を開始します。あるいは、特定のDS Appの実装に応じて、これはアプリ固有のUIによって、または特定のフロントエンドを必要とせずにブロックチェーン内で直接トリガすることができます。
  • 2.これにより、issueDividends()メソッドがトリガーされ、Dividends Appコントラクトに割り当てられる配当額がEtherとして送信されます。Dividends Appは、DS AppインターフェイスとDSプロトコルに続く契約であり、ある時点でDS Tokenに関連付けられています(潜在的に配当発行プロセス自体の一部として)。issueDividends()メソッドや配当分配用にEtherを使用する決定を含む契約の特定のロジックは、発行者が要求するあらゆる種類の機能を提供する柔軟性があるため、DSプロトコルの一部ではありません。これは、メカニズムを説明するための単なる実現例です。
  • 3. Dividends AppはDSプロトコルを介してDSトークンにアクセスし、現在アクティブな投資家のリストを反復することができます。このメカニズムは、ERC-20標準がこれを行う手段を提供しないため、DSプロトコルに特有のものです。
  • 4.配当アプリケーションは配当の対応部分を各投資家の財布に送ります。配当申請書は、レジストリサービス(簡略化のために図示していない)で、投資家に関連する国をチェックすることができるので、適用可能な場合に適切な税を源泉徴収することができます。何らかの理由でEtherを特定の投資家に送付する操作が失敗した場合、割り当てられた配当はDividends App契約に保持され、その投資家のための手当が設定されます。
  • 5. Dividends Appは、Commsサービスを使用して、後で資金を回収できるように、送信操作が失敗した場合を含め、配当の発行に関する情報を各投資家に通知します。
  • 6.通信サービスは、その通信を対応する投資家に送信します。
  • 7.直接法で資金を受け取ることができなかった投資家は、契約書のwithdraw()メソッドを使用して、後で資金を回収することができます。

11.3。投票プロセス

DSアプリケーションを介して管理できるライフサイクルイベントの別の例は、ガバナンスの決定における投票プロセスです。次に、そのような状況の潜在的な流れを示します。


投票イベント

この場合のプロセスは次のとおりです。

  • 1.発行者は、DS発行プラットフォームのコンソールを使用して投票イベントを開始します。代わりに、特定のDS Appの実装に応じて、これはアプリ固有のUIによって、または特定のフロントエンドを必要とせずにブロックチェーン内で直接トリガされる可能性があります。
  • 2.これにより、propotingVote()メソッドが投票DSアプリケーション契約にトリガーされます。前の例のように、このアプリはDS AppインターフェイスとDSプロトコルに続く契約であり、発行者によってDSトークンに関連付けられています。proposeVote()メソッド(その名前を含む)の定義と機能は、スマート契約開発者によって決定されたものであり、DSプロトコルの一部ではありません。この例では、その構成に関係する1つまたは複数のメソッドが、投票の開始日と終了日、および投票に有効な値の範囲を設定すると仮定します。
  • 3.投票DSアプリケーションは、DSプロトコルを介してDSトークンにアクセスし、リストを反復できるようにします。これは前の例で示したのと同じメカニズムです。
  • 4.投票DSアプリケーションは、Commsサービスを使用して、投票イベントに関する情報を各投資家に伝えます。
  • 5.通信サービスは、その通信を対応する投資家に送信します。
  • いくつかのポイント投資家がvote()メソッドを介して投票DSアプリケーション契約に投票を開始する。彼らはブロックチェーンを通して直接これを行うことができます。あるいは、DS発行プラットフォームは、投資家による交流を促進するために、何らかのフロントエンドを提供することができます。投票DSアプリケーション契約は、定義された開始日後および契約の終了日前に投票を行う有効な投資家からの投票のみを受け入れます。
  • 7.投票期間が終了すると、発行者は投票を終了させる。あるいは、DS発行プラットフォームは、投票の終了日に達すると自動的にこのイベントをトリガすることができます。
  • 8.これにより、投票DSアプリケーション契約のcloseVote()メソッドの実行がトリガーされます。DS Appのデザインによっては、(プラットフォームが基本的なキーでそれを起動できるように)低い許可方法である可能性がありますが、終了日が実際に切れた場合や、いくつかの管理権限が必要な場合にのみ投票を終了します。特定の発行者の鍵でのみ利用可能)、日付に関係なく投票を終了する権限を持ちます。これらのオプションは、DSアプリケーションのさまざまな実装がデジタル証券エコシステムにもたらすことができる柔軟性を示しています。
  • 9.投票DSアプリケーション契約は、各投資家から集められた投票のリストを上回り、この特定の時点で保持しているDSトークンに比例して計量します。個々のトークンバランスを取得するには、投票DSアプリケーションはDSトークンをチェックします(ダイアグラムにはDSプロトコルによるアクセスが表示されますが、この特定の操作では基本的なERC-20機能で十分です。 ERC-20の拡張)。
  • 10.すべての投票が考慮されると、投票DSアプリケーションはCommsサービスを使用して、投票イベントの結果を各投資家に通知します。
  • 11.通信サービスは、その通信を対応する投資家に送信します。

11.4。DSトークンの作成

STOの場面に流動性をもたらす主なアクターは、セキュリティトークン交換機またはSTEとも呼ばれるライセンスデジタル証券取引プラットフォームです。STEの核となる機能は、公平で秩序ある証券の取引とその取引所での取引に関する価格情報の効率的な普及を保証することである。

規制遵守:取引所は、規制されていない未登録の有価証券の再販を防止するために重要な役割を果たしており、これがデジタルセキュリティにも当てはまることを保証する必要があります。

投資家が手を差し伸べる:Digital Securityをリストするだけでは、実際にトークンを自分の投資家プールに売ることができない場合、十分ではありません。
これは、基本的に同じ問題の2つの側面です。法令遵守では、既存の投資プールに関する詳細を知って、新しい投資家を制限するか許可する必要があります。
取引所を介して取引する場合、取引プロセスは、取引所がユーザーと対話するために適用する仕組みの影響を受けます。以下のセクションでは、4つのアプローチを検討します。

  • 直接P2P取引 - Exchangeが関与していない例外
  • 分散型Exchange
  • 投資家特有の財布を提供する集中型エクスチェンジ
  • 取引用に共有ウォレットを使用する集中型Exchange

11.4.1.Direct P2P取引

個人投資家は、自分のトークンを非公開で取引したり、1つの財布から別の財布に送ることができます。このメカニズムは、相互の以前の知識を有する既存の投資家間の取引を促進することができる。しかし、最も普通の取引には何らかの交換が必要です。

DSトークンの転送はコンプライアンスサービスによって管理されるため、これらの転送は承認された場合にのみ可能です。

一般に、これは、元のトークンが現在ロックされていないことを要求する(例えば、ホールド期間のために)。宛先ウォレットはレジストリサービスにリストされ、受信側投資家のカテゴリはコンプライアンスサービスのルールと一致します。

11.4.2.Distributed Exchange

次の図は、直接財布とウォレット間の取引を可能にするSTE経由での取引の実行方法を簡略化して示しています。このモデルの例は、AirSwapによって使用されるSwapやERC dEXのような中継器によって使用される0xプロトコルのようなプロトコルです。

手順は次のとおりです。

  • 1.新しい投資家は、特定のDSトークンの購入に関心を持つSTE(例えばAirSwap)に行く。搭乗手続の一環として、交換所は、KYCまたは認定ステータスのような、顧客からの関連情報を収集する。
  • 2.発行者が発行プロセスで行ったように、ExchangeはDS Protocol registerInvestor()メソッドを使用して、新しい投資家に関する詳細をレジストリサービスに登録します。registerInvestor()メソッドへのアクセスは発行者によって制限され、許可された取引所だけが投資家プールに投資家を組み込むことができます。取引所はまた、RFE APIの一部としての登録のための顧客経験を改善するために、このプロセスのための他の選択肢を有するであろう。
  • 3.いくつかのDSトークンを所有している既存の投資家は売却に関心があり、取引所は両方の投資家と一致して取引を行う。(注文照合のプロセスは、DSプロトコルの範囲外であるが、通常、販売者が、DSトークンによってサポートされているERC-20 approve()メソッドを介してExchange所有のスマート契約を承認することを意味するその残高からトークンを引く)。
  • 4.トレード実行の一環として、交換所(スマート契約を介して)がDSトークンの標準ERC-20 transferFrom()メソッドをトリガーし、トークンを既存の投資家から新しい投資家に移動させる。
  • 5.DSトークンはtransfer()メソッドとtransferFrom()メソッドをオーバーロードして、すべての取引でコンプライアンスを有効にしました。彼らはDSプロトコルを介して関連するコンプライアンスサービス契約に電話することによってそうする。コンプライアンスサービスは、レジストリサービスから投資家プロファイルを取得し、両方が正しいカテゴリを持っていることを確認し、取引が行われるように適切な規制が与えられている既存の制限内にある。条件が満たされない場合、その理由をEthereumイベントを介して通知するトランザクションが停止されます。

このプロセスでは、DS投資家が新しい投資家をレジストリサービスに組み込むことによって、取引所が投資家の手の届く範囲を拡大できるようにする方法と、コンプライアンスサービスによって検証された取引のみが許可される方法を見てきました。


11.4.3。集中型取引 - 投資家が所有する財布

この場合のフローは非常に似ていますが、Exchangeでは新しい投資家向けに特定のウォレットを作成および登録(または再利用)し、投資家はそれらとやりとりする必要があります。

DSトークンを購入したい投資家にとって、以下のプロセスが起こります。

  • 1.取引所は、投資家に対して独自のKYCプロセスを実行し、その本人確認を行います。
  • 2.取引所は、投資家用のエテリアルウォレットを作成します。
  • 3. Exchangeはレジストリサービスを介して投資家にウォレットを登録します。
  • 投資家が不明な場合、特に新規投資者の場合は、この操作は失敗することがあります。この場合、
    ・取引所は、投資家を登録し、カントリー/ KYC /認定情報を提供し、発行者からサブスクリプション契約書に署名するよう要求する。
    ・今回は、ウォレットを再度投資家に登録する。
  • 5.取引所は、買い注文を1つ(または複数)の売り注文と照合します。
  • 6. Exchangeは、transfer()メソッドを使用して、ウォレット間でトークンを転送します。
    これにより、コンプライアンスサービスによる規制チェックが実行されます。
  • 7.規制上の制限を超えない場合、取引が行われます。
  • 8.新しい投資家は、交換用ウォレットにDSトークンを持ち、追加の取引を行うことができます。また、そのウォレットを取引所または発行者に登録することによって別のウォレットに引き出すこともできます。

以下のプロセスは、DSトークンを販売したい投資家

  • 1.取引所は、投資家に対して独自のKYCプロセスを実行し、その身元を持っています。
  • 2.取引所は、投資家用のエテリアルウォレットを作成します。
  • 3.交換所は、レジストリサービスを介して投資家にウォレットを登録する。
    ・投資家は既にトークンを所有していると主張するので、この操作は成功するはずである。これが失敗した場合、取引所は情報に問題があることを投資家に通知する必要があります。
  • 4.交換所は、財布のアドレスを投資家に提示し、投資家が交換用財布にトークンを送ることができます。
    ・これは両方の財布が投資家に登録され、投資家が自分の財布を自由に移動できます。
  • 5.取引所は売り注文と買い注文を一致させます。
  • 6. Exchangeは、transfer()メソッドを使用して、Wallet間でトークンを転送します。
    これにより、Complianceサービスによる規制チェックの実行がトリガーされます。
  • 7.規制上の制限を超えない場合、取引が行われます。
  • 8.投資家は交換財布にトークンをもはや持っておらず、彼らが交換のために求めた通貨/トークンを受け取った。


11.4.4。集中型Exchange - プールされたWallet

この場合、Exchangeは複数の投資家からトークンを受け取った共有ウォレットを使用し、それらの間で取引を実行することができます。これは、BinanceやEtherDeltaのようにユーティリティトークンを交換するモデルです。
このモデルでは、発行体が投資家を特定し、コンプライアンスを検証する能力は非常に限定されている。なぜなら、オフチェーンで起こることを可視化したり制御したりすることができず、投資家が投票イベント誰がトークンを保持しているのかは不明です。
トレーディング通貨やユーティリティトークンには非常に有用であることが証明されているこのモデルは、DSトークンなどのデジタル証券の取引には適していないと考えています。
それでも、Exchangeが特定のトークンの取引量が多いなど、このモデルを奨励する状況にある場合、発行者はこれを管理する特定の機能を有効にすることができます。
特に、コンプライアンスサービスは、信頼できる取引所が取引のための「スロット」の予約を要求できるようにします。これらの「スロット」は、投資家の特定のカテゴリーを表します。発行者

はそのような要求を承認しなければなりません。その場合、Exchangeウォレットは、定義された投資家のカテゴリの番号について、そのウォレット内で取引することができます。
米国の10スロットの予約は、発行者によって承認された投資家を認定した場合たとえば、コンプライアンスサービスは、Exchangeの財布にしてから取引を承認するだろうが、その財布の外に許可され、投資家の数は10で減少されるだろう
を保証しなければならない交流共有されたウォレット内のトークンが予約されているスロットに投資している投資家の数を制限しているということです。追加のスロットが必要な場合は、次の操作を実行できます。

  • ある投資家に属するトークンを、その投資家に直接関連付けられているウォレットに転送します。

  • コンプライアンスサービスの追加スロットをリクエストし、発行者の承認を得るのを待ちます。スロットはいつでも解放することができます。

特定の発行クラスに使用可能なスロットの制限がある場合、スロットの予約と解放のプロセスには本質的な経済的価値があります。特定のコンプライアンス・サービスは、この割り当てを確実にするために支払いを受け取る必要があり、スロットの解放時に回収を行うことがあります。

コンプライアンスプロトコルへの適合

法令遵守がデジタル証券市場にとってどれほど重要なのかを考えれば、すでにいくつかの取り組みがこれに取り組んでいることは驚きではありません。港のR-Token [1]、PolymathのST20プロトコル[2]、Delaware Corporations Lawに準拠する株式のERC-884提案[3]、Open FinanceのS3プロトコル[4]許可された投資家のみが特定のデジタル証券を譲渡または受け取ることができるようにリアルタイムで取引を検証することができます。

しかし、現在の状況には依然として問題があります。

  • 業界にはデジタル証券議定書に関するコンセンサスはまだありません。これは、発行者にとっては明らかに問題です。なぜなら、彼らは合法的にトークンを出したいと思うからです。資金や株式のような資産は、そのトークンが数年間市場に留まることを要求する。発行者は間違ったプロトコルを選択する余裕がない。

  • 既存の手法の中には、対応するネットワークに統合するためのユーティリティトークン(POLYやOFNなど)が必要であり、意思決定プロセスで追加の摩擦を発生させるものもあります。

  • 既存のプロトコルでは、STEが非準拠のトークンの転送を行わないようにすることができますが、これらのプロトコルではSTEがこれらのチェックを行うための特別なツールは提供していません


指定されたトークンについて、公認投資家プールに新しい投資家を追加することができます。これは流動性と投資家のユーザーエクスペリエンスに悪影響を及ぼします。

Securitizeは、ジェネリックコンプライアンスサービスの実装を通じ、これをDSプロトコル内で扱います。この一般的なコンプライアンスサービスは、さまざまな規制遵守プロトコルのために、SecuritizeのDSトークンへのアダプテーションレイヤーを提供します。Securitize DSトークンスマートコントラクトは、コンプライアンスサービスへの参照を保持します。コンプライアンスサービスは、transfer()またはtransferFrom()操作に必要な検証操作を既存のプロトコルで必要とされる特定の形式に適合させることができます。

次の図は、SecuritizeがDS TokenのHarborのRトークンプロトコルの互換性をどのように有効にするかを示しています。

あるいは、同じメカニズムをPolymathのST-20相溶性に適用することもできます。

上記のように、Adaptation Layerは、Rトークン仕様で定義されているcheck()メソッドまたはST20のverifyTransfer()メソッドに従うように、DSトークンからの呼び出しを変換できます。規制遵守のために定義された他のプロトコルをサポートすることも可能です。

DSプロトコルは、基盤となるモジュールのアップグレードを可能にします.DSトークンは、発行後に新しいコンプライアンスプロトコルに適合させることができ、規制の変更に適応できるため、規制の観点から将来的に証明することができます。


11.4.6。交換とのさらなる統合

トラストサービスによって提供されるオンチェーンプロトコルは、エクスチェンジが投資家の身元と認定情報の信頼できるプロバイダーとして登録されることを可能にします。このようにして、取引所は、信頼とデータ保護の問題に対処するための法律の適格性を条件として、ユーザーに関するKYC情報を提供し、トークンの投資家の一員となり、そのデジタルセキュリティを準拠した方法。KYC情報には、投資家登録後に改ざんされていない身分証明書を保証するために、投資家のための関連する国、認定資格のステータス、および監査に使用可能な暗号署名が含まれます。

しかし、このアプローチは投資家にとって最高の顧客体験を提供しない可能性があります。例えば、投資家は、特定のトークンを購入するために登録することができ、投資家カテゴリーのクォータが既にカバーされているため、オペレーションを完了することができないことを知るだけです。

投資家エクスペリエンスを向上させるために、エクスチェンジはDSサービスを開発することができます。これは、トラストサービスによって承認された後、DSプロトコル上のサービスを活用して投資家の経験を向上させるための追加情報を得ることができます。

さらに、Securitizeのプラットフォームは、DSEプロトコルをReady For Exchange(RFE)オフチェーンAPIで拡張します。このAPIを使用すると、投資家の適格性をチェックし、KYC情報を発行者から許可された取引所に共有するリアルタイム操作が可能になり、摩擦を減らし、投資家のダッシュボードおよび追加サービスで適切なユーザーエクスペリエンスを提供できます。

RFE APIもオープンソースであるため、他のDigital Security発行者が採用することができます。したがって、デジタルセキュリティ発行者とSTEの生態系は持続的に成長し、デジタルセキュリティ投資家の流動性と価値をますます高めることができます。

12.結論

Securitizeのプロトコル定義の主な焦点は、発行者、発行者、取引所など、さまざまな利害関係者の目標だけでなく、発行を超えたDigital Securityの所有権の完全なライフサイクルを検討することでした。

デジタル・セキュリティー市場の潜在的可能性は十分であり、どのアプローチでも関与が必要な複数のアクターを検討する必要があります。そのため、特定のネットワークや市場をコントロールすることを期待するのではなく、発行者、DS発行プラットフォーム、投資家、DSアプリケーション開発者およびエクスチェンジがデジタル証券の潜在的可能性を最大限に引き出すエコシステムの構築を支援したいと考えています。

Securitizeは、独自のDS発行プラットフォームでこのプロトコルのリファレンス実装を提供します。これは、顧客ベースのトークンの実際の発行でもサポートされます。また、DSアプリケーション開発者は、デジタル証券をすべてのステークホルダーに提供する価値を拡大する新しい機能を提供することにより、エコシステムを充実させることを期待しています。

13.参考文献


  • 注意:
    本ページに掲載しているホワイトペーパーは、スマホ/モバイルでの読解の補助を目的に、原文を成形しストックしたものです。また、この引用文は投資を促すものではなくあくまで調査のための手軽な確認のために掲載しています。詳細な内容またはDisclaimer本文など、正しい情報は左記の原文等をご覧ください。 https://dyap07lrw8xxu.cloudfront.net/assets/uploads/whitepapers/DS-Protocolv1.0.pdf?mtime=20181004180112

これにて本文は終わりです

Securitize (DS)に関連する他の情報に触れてみる

PocketWPについて

暗号資産(暗号通貨, 仮想通貨)やブロックチェーンは理解が難しく、また一次情報の多くはPCに最適化されている状況にあります。PocketWPでは、下記の3点のアプローチによってその問題を解決しようとしています。
  • ・SmartPhoneFirst - スマホで最適化したスライド/UI
  • ・Stockable - 流れてしまいがちな情報を蓄積し、共有できる
  • ・Followable - 追いかけるべき情報源がわかる
将来的には共同で編集できる仕組みなども設計中です。 暗号資産・暗号通貨の価値を広げるには、良質な情報を読みやすく噛み砕くことが必要だと思っています。 よろしければご意見をこちらからお寄せください (お問い合わせフォーム)
運営者情報① : IXTgorilla
IXTゴリラ
@IXTgorilla
Twitterにて #PocketWP #ゴリ学習メモ なるスマホに最適化した暗号資産の学習情報をスライド形式にて発信しているゴリラ。 これまではTwitterのみの発信を行なっていましたが、蓄積される場所が欲しいという声にお答えし、Web化を行なってみました。
運営者情報② : CryptoGorillaz
暗号通貨に関する情報を共有するコミュニティ。当初はコラ画像などをつくる集団だったが、暗号通貨の魅力や将来性にほだされ、日夜暗号通貨に関する情報共有を行なっている。(IXTゴリラもここに所属しています)

寄付/投げ銭はこちら

  • Ethereum(ETH) / ERC20トークンでの投げ銭
    0x77535cb08CF5Ba3B85A34A3B037766103226c783

森のお友達をご紹介 - PocketWPのオススメ

ゴリラが尊敬する森のお友達をご紹介するコーナー。 個人的に定期的に購読していただきたい!と思うメディアや事業者さまを勝手に紹介させていただいております。
StirLab | クリプト・ブロックチェーンを「深く」知る
StirLab
https://lab.stir.network/
クリプトアセット(仮想通貨・暗号通貨)に造詣が深い方々による寄稿型メディア「StirLab」。 クリプトが「好き」でその発展を純粋に「楽しむ」人たちが集まっており、ハイクオリティな記事が集まっています。 今話題のDeFiからSTOまでトピックは幅広く、知見を深めたい人にぜひとも定期的購読していただきたいサイトです。
StirLabさんのTwitterアカウントはこちら▶️ https://twitter.com/Stir_Lab
Stir | PoS系クリプトアセットのノード事業者
Stir
https://stir.network/
Tezos, Enigma, Cosmos, Ethereum, NEMといったPoS系クリプトアセットのマイニングやノード運用を代行する事業者。ブロックチェーン機構メディアで有名な「StirLab」の運営母体でもあります。
StirさんのTwitterアカウントはこちら▶️ https://twitter.com/stir_network