PocketWPは、暗号資産(暗号通貨/仮想通貨)の情報を
整理・ストックするサービスです(β)
暗号通貨(暗号資産・仮想通貨) Liskとは
edit 編集

Liskはアプリケーションを搭載できるブロックチェーンプラットフォーム。Web開発者が参画しやすいような開発環境を整え、DAppsエンジニアを増やすことを目的として掲げている。

Liskはブロックチェーン・アプリケーション開発者を増やすことを目的に据え、開発者を増やすことを通し、ブロックチェーンを世の中に浸透させることを狙っている。現状のブロックチェーン開発は煩雑でWeb開発者が参画しにくいという問題を抱えており、開発環境の充実させることで問題の解決を測ろうとしている。「開発環境の整備」という観点は他のブロックチェーンプロジェクトにはなかなかお目にかかることがなく、独特のポジションを持ったプロジェクトである。

前段:リスクを理解を補助する4つの前提知識

Liskを一言で荒く説明すると「ブロックチェーン・アプリケーションのプラットフォーム」である、という感じなのだが、正直カタカナの羅列で混乱してしまう。Liskの概要説明に入る前に、前段としてまずは理解のための4つの前提知識を下記に羅列する。(若干長いので読み飛ばしていただいて構わないです)

前提①Liskはブロックチェーンアプリケーションの基盤となるシステムである

Liskは「ブロックチェーン」で「スマートコントラクト」を実現する、アプリケーション実行の基盤となるプロトコル。FactomやiXledgerなどいった暗号資産は、Etheruem上で作成された「アプリケーション」であるが、Liskは「アプリケーション」を実行するためのいわば基盤システムに該当する。同様な位置付けにある暗号資産には、EthereumやNEO、EOSが存在する。暗号通貨・仮想通貨には様々な種類が存在するが、Liskはアプリケーションではなく、プロトコルであることをまず前提として理解しておく。

前提②Liskはスマートコントラクトのためのシステムである

また、BitcoinやLitecoinとは違い、「通貨機能」を主目的にしたブロックチェーンのプロトコルではないということも理解する。BitcoinやLitecoinはブロックチェーンをあくまで価値転送のために利用したものであるが、Liskや同様の位置付けにあるEthereumは、ブロックチェーンを価値転送だけでなく、一定のルールにしたがった「状態の保存」に利用している。(≒スマートコントラクト)

前提③Liskという言葉にはシステムとしてのLiskと、通貨という意味でのLiskの2つの意味を含んでいる

Liskは、Liskというシステムと、そのシステム実行するための通貨であるLSKと呼ばれるトークンという二つの意味を持つということを理解する。文脈によって、システムとしてのLiskをさすのか、トークンとしてのLisk($LSK)を指すのかは変わってくるので注意したい。

前提④スマートコントラクト に搭載されるアプリケーションはDAppsと呼ばれる(こともある)

前提①で説明したように「ブロックチェーン」で「スマートコントラクト」を実現したプロトコル上では、誰もが「アプリケーション」を構築することができる。そのアプリケーションは、一般にDApps(ÐApps)と呼ばれる。これは[* Decentlized Application]の略で、分散管理されたアプリケーションであり、具体的な所有者や運営者が存在しないアプリケーションのことを総称している。ブロックチェーン上にアプリケーションを構築したからといってすべてがすべてDAppsとは呼べないという点は留意しておきたい。ソースコードを公開している、ブロックチェーンへのデータの記録がオープンになっているなど、定義は微妙に異なるが、オープンで分散的な管理がなされているものが、DAppsと呼ばれるものとなっている。逆に、ソースコードを公開せず、情報の記録の一部をパブリックにしないといったアプリケーションは、CAppsとも呼ばれる(諸説あり)

前段のまとめ | 4つの前提知識

  • 前提① Liskはブロックチェーンアプリケーションの基盤となるシステムである
  • 前提② B.Liskはスマートコントラクトのためのシステムである
  • 前提③ Liskという言葉にはシステムとしてのLiskと、通貨という意味でのLiskの2つの意味を含んでいる
  • 前提④ スマートコントラクト に搭載されるアプリケーションはDAppsと呼ばれる(こともある)

1. Liskチームのゴール/目的

Liskチームの目的は、ブロックチェーンのアプリケーション開発者を増やすことにより、ブロックチェーンの普及、しいてはブロックチェーン・アプリケーション(DApp)の普及を目指すことにある。現状のブロックチェーン・アプリケーションの開発には、開発のレールが整っておらず、スケーラビリティにが無いことが障害となっていることを課題として挙げている。

2. 何を解決しようとしているのか | 課題

設定課題①ブロックチェーン上のアプリケーション開発に"レール"が敷かれていないという課題

ウェブサービス開発や、アプリケーション開発は、大体の場合フレームワークと呼ばれるライブラリ群の中で、規定の手順に従って開発が行われる。またノウハウも検索ですれば豊富に存在する。開発〜公開までの手順にレールが敷かれているため、少しの学習コストでサービスを公開することができるようになってある。
一方、ブロックチェーンアプリケーションのプロトコルの先行者であるEthereum上では、truffleといったフレームワークにてトークンの発行などを簡単に行えるようになっているものの、アプリケーションを各サーバーやブラウザなどて動かす上での仕組みは、入念な技術選定や設計を行わなければならず、ウェブ開発ほどの手軽さにはまだ程遠いという現状がある。

設定課題②ブロックチェーン上のアプリケーションの処理能力の性能がまだ低いという課題

ブロックチェーンにデータを載せるために必要になる時間は、一般のシステムに比較し長くなるのが現状。Bitcoinでは、ブロック承認の感覚(データをブロックチェーンに書き込む速度)が10分間に1MB程度であるなど、一般的なアプリケーションを運用が現実的でない処理速度しかでないという大きな問題がある。

3.どうやって解決しようとしているのか | 解決策

解決策①ブロックチェーンのアプリケーション開発に"レール"を敷く

Webサービスのようなレールが存在しなければ、レールを敷けばいい。Liskがとった解決策は、ブロックチェーンのアプリケーションにレールを敷くということ。つまり、手厚い開発環境の整備である。

解決策②サイドチェーンの実装により、余分な処理をメインチェーンに書き込まないような機構を設置

ブロックチェーンの速度自体を強化するという選択肢ももちろんあるのだが、リスクがとった対策の中でもっとも大きなものは、余計な処理をブロックチェーン本体に書き込まないという方法である。それがサイドチェーンである。
ブロックチェーン本体がメインチェーンと呼ばれるのに対し、サイドチェーンとは、ブロックチェーン上に搭載されるアプリケーションの独自の処理を組み込めるチェーンのことを指す。
Liskのアプローチは、メインチェーンで書き込みできる内容を限定し、メインチェーンを利用するタイミングを減らす。そして、アプリケーション固有のデータ書き込みはサイドチェーンにて処理する。これによってメインチェーンでの余分な書き込みを無くし、処理の絶対量を減らすアプローチで課題への対策に望んでいる。
(もちろん処理速度自体についても対策をしている。DPoSと呼ばれる、ブロック承認手法を使うことによって、ブロックチェーン自体の処理速度の向上にもチャレンジしている)

4.Liskトークンの利用用途とは

Liskトークン(LSK)の利用用途は大きく大別すると下記の4つとなる。

  • 1.LSKトークン自体を価値のあるお金とみなし、それを交換する
  • 2.LSKトークンを利用して、[DPoS] の投票を実施する
  • 3.アプリ(サイドチェーン)作成のためにLSKトークンを支払う
  • 4.アプリ(サイドチェーン)にLSKトークンを送信、アプリ(サイドチェーン)からメインチェーンに送信 (アプリ内トークンの、LSKトークンへの換金)

同様な位置付けにある暗号資産であるEthereumは、コントラクトの実行に際し、ETHトークンを利用するのに対して、コントラクトの実行はLiskのメインチェーンで行わずアプリ(サイドチェーン側)独自に処理をするというのが大きな違いである。

価値の保障の観点で考えると、アプリ(サイドチェーン)内部にもつトークンの価値は、LSKの価値によって担保され、そして、LSKの価値は、BTCなりFIATなり、価値の源泉たる他の通貨に支えられる、という構造。サイドチェーンで使われるトークンの価値交換がどのように行われるのかの選択肢が現状LSKトークンとの交換にしか無いため、当然LSKトークンの価値に各アプリの価値は大きく依存し、かつ、LSKトークン自体の価値がが、アプリケーションの数・アプリの利用者数に依存するという構造だと考えられる。

5.LSKトークンの発行枚数/時価総額/価格

2018/09/23時点

  • 時価総額 | ¥42,867,463,100 JPY
  • 循環 | 110,379,134 LSK
  • 総合 | 125,618,260 LSK

6.Liskを開発するメンバー/チーム編成

チームメンバーがユニーク。Cryptographのエンジニアを中心としたメンバーではなく、開発者の大多数が、Web/アプリのエンジニアであることがプロトコルにしてはユニークなチーム編成。またFrontendエンジニア、Backendエンジニアが満遍なくいるだけでなく、特に面白いのはDevOpsエンジニア(開発〜テスト〜本番への適応の流れをつくるエンジニア)やQAエンジニア(製品のクオリティを管理するエンジニア)が在籍している点。
これらのチーム編成は、彼らのブロックチェーンのアプリケーション開発が難しいという課題意識とマッチしていて、実際にWebアプリケーションを現場で作ってきた人たち自らが、Web開発のアタリマエとなっている開発フローをブロックチェーン開発に持ち込もうとしている意思が感じられる。
またLiskはOSSではあるが、開発自体はLiskはWeWorkにオフィスを構える会社組織として行われている。

7.Liskの将来性を判断する軸

現在のステータス

  • ・メインネットのローンチは完了
  • ・メインネットにてLISKトークンの送受信が可能
  • ・メインネットにてVoteによってDPoSの101人の選出投票が可能
  • ・メインネットのメインチェーンにてLISKアプリケーションの初期化(サイドチェーンの初期化)が可能
  • ・アプリケーション開発するためのSDK(Sidechain Development Kit)はまだリリースされていない模様。
  • ・ゆえにMADANAなどのLisk製DAppsは現状SDKは使わず、pureなJavasciptで記述していると思われる。

LSKトークンへの金銭的投資の観点で将来性をどう定期的にチェックしていくべきか
群雄割拠のブロックチェーンのプロトコルレイヤーにおいて、技術的な軸やシェアによって今現在、判断を明確にすることは難しい。将来性を判断するにあたって、下記の観点に注目してウォッチしておくべきと考える。

8.Liskの市場規模とターゲット

アプリケーションで実装のターゲットとなる市場規模

ITx産業とよばれるxTechが世界的な流れである今、ターゲットとなる市場は、全世界のあらゆるもの、とも言える。一概に市場規模を予測し、具体的な数字を出すことはできない。

開発サイドのターゲットのボリューム

今全世界のWebまたはアプリのエンジニアはxx人いると言われている、その中でnode.jsやjavascriptに関するリポジトリは、ここ数年で上昇傾向にあるし、javascriptの言語自体の改善もめまぐるしい。サーバー、クライアント、そしてネイティブアプリにおいても多くのシェアをもつjavascriptまたはnode.jsによる開発環境利用者は増加傾向にあり、それらの開発者が簡単に試せるliskには潜在的な可能性が眠っている。

9.評価ポイント

Web開発のワークフローになぞらえ、ブロックチェーンのアプリケーション開発におけるDevOpsに注目している点は非常にユニーク。(似たようなアプローチとして、C#製のStratisというプロトコルもある) またnode.jsと呼ばれる、多くのエンジニアに馴染み深い管理ツールを使っているのも、裾野を広げる意味で大きな役割を担うだろう。また、サイドチェーンを初めから標準で組み込んでいるのも大きい。

10.不安ポイント

  • SDK(サイドチェーン)の仕様がまだわかっていない点。
  • 特にサイドチェーンにおける分散性とセキュリティの担保をどうしているのか。
  • DPoSの稼働実績の歴史の浅さ
  • javascript縛りによるLiskCoreの処理速度はボトルネックにならないか?
  • 開発コミュニティの層。OSS参加者の裾野をどう広げていくのか。

これにて本文は終わりです

Lisk (LSK)に関連する他の情報に触れてみる

PocketWPについて

暗号資産(暗号通貨, 仮想通貨)やブロックチェーンは理解が難しく、また一次情報の多くはPCに最適化されている状況にあります。PocketWPでは、下記の3点のアプローチによってその問題を解決しようとしています。
  • ・SmartPhoneFirst - スマホで最適化したスライド/UI
  • ・Stockable - 流れてしまいがちな情報を蓄積し、共有できる
  • ・Followable - 追いかけるべき情報源がわかる
将来的には共同で編集できる仕組みなども設計中です。 暗号資産・暗号通貨の価値を広げるには、良質な情報を読みやすく噛み砕くことが必要だと思っています。 よろしければご意見をこちらからお寄せください (お問い合わせフォーム)
運営者情報① : IXTgorilla
IXTゴリラ
@IXTgorilla
Twitterにて #PocketWP #ゴリ学習メモ なるスマホに最適化した暗号資産の学習情報をスライド形式にて発信しているゴリラ。 これまではTwitterのみの発信を行なっていましたが、蓄積される場所が欲しいという声にお答えし、Web化を行なってみました。
運営者情報② : CryptoGorillaz
暗号通貨に関する情報を共有するコミュニティ。当初はコラ画像などをつくる集団だったが、暗号通貨の魅力や将来性にほだされ、日夜暗号通貨に関する情報共有を行なっている。(IXTゴリラもここに所属しています)

寄付/投げ銭はこちら

  • Ethereum(ETH) / ERC20トークンでの投げ銭
    0x77535cb08CF5Ba3B85A34A3B037766103226c783