PocketWPは、暗号資産(暗号通貨/仮想通貨)の情報を
整理・ストックするサービスです(β)
ST関連 Ravencoin概要
edit 編集

RavencoinはBitcoinをフォークして作成された、オリジナルチェーンである。 ブロックチェーンに資産を埋め込むことに特化している。

Bitcoinの2ndLayerたるColoredCoinや、Ethereumに影響を受けているものの、それらの考え方には共感せず、独自路線を突き進むチェーンとなっている。 またICOをしていない、かつ、masternodeも持たないプロジェクトである。 またセキュリティなどの資産移動を目的としているチェーンであるが、金融の規制当局とは独立して稼働させること&分散化を強く志向している点は、他のセキュリティトークン関連プロジェクトにはないユニークな点である。

概要

RavencoinはBitcoinをフォークして作成された、オリジナルチェーンである。
ブロックチェーンに資産を埋め込むことに特化している。
Bitcoinの2ndLayerたるColoredCoinや、Ethereumに影響を受けているものの、それらの考え方には共感せず、独自路線を突き進むチェーンとなっている。

またICOをしていない、かつ、masternodeも持たないプロジェクトである。

またセキュリティなどの資産移動を目的としているチェーンであるが、金融の規制当局とは独立して稼働させること&分散化を強く志向している点は、他のセキュリティトークン関連プロジェクトにはないユニークな点である。

特徴 | 資産の保存と移動のみに特化したチェーン

Ethereumで資産を表現する場合、専用のコントラクトアカウントを作り、その内部で作成したトークンとユーザーのアカウントを紐づける必要がある。
Bitcoinで資産を表現する場合、他のレイヤー(OmniLayer)を設け「外部」からUTXOに対して色付けと判定を行う必要がある。

一方でRavencoinは非常にシンプルだ。
BitcoinのUTXO(トランザクション)では、BTCの移動しか表現できなかったが、
Ravencoinでは、様々な種類のUTXOを作ることができる。
(Ravencoin内部での基軸にあたるトークンはRVN)

例えばあなたが発行したい自身のトークンをRavencoinチェーン上に即座に生成し、
それを誰かに渡すことができる。

<図>

EthereumやEOSをはじめとしたチェーンはブロックチェーンのプロトコルを目指すゆえに、多様なアプリを受け入れる汎用性を高めた作りを志向している。

一方でRavencoinは、様々な資産のトランザクションを作る、様々な種類のUTXOを作る、という機能特化型ゆえ、その構造は非常にシンプルになっている。(逆にそれ単独だと応用は難しい)

なお新しい資産を発行する場合500RVNが必要となる。

IPFSとの連携も

資産作成の際に、そのメタデータをIPFSに保存し、それをハッシュとしてRavencoinチェーンに刻み込むという機能を持つ。
例えば公文書などをIPFSに保存し、そのハッシュをチェーンに刻み込むことによって、資産の保有証明を暗に公に証明するといった機能を備えている。

資産を表現するための機能や応用

  • メッセージングシステム:トークン発行者が現状のトークン所有者にメッセージを発行できる機能
  • 投票への応用:投票権をトークンとして発行しステークホルダーに送信。それを使って投票することで透明な投票を実現できる
  • 資産名はチェーン全体でユニーク:発行される資産名は、チェーン全体内で一意でなければならない

これらを組み合わせることで証券の配当・利益配分をベースのトークンであるRVNで行うことができる。

セキュリティトークンにどう関わってくるか

Ravencoinのチェーン自体は「プロトコル」を志向している。
セキュリティトークンプロジェクトの多くは、金融の規制当局にどう対応するか、ということが焦点になっているが、Ravencoinは、そもそものスタートが会社組織ではなく、分散的に発生したプロジェクト。金融当局とは独立した形でチェーンを稼働させることを志向している。

またプロトコルゆえ、刻み込むものも基本的に自由である。資産を自由に作れるゆえに、ちょっとした遊びで刻まれているアセットが多く存在している。

そのためRavencoinチェーンを「使う側」「採用する側」の運用が、セキュリティトークンの鍵となる。

先日SecurityTokenの発行プラットフォームである「TokenizEU」がセキュリティトークンの発行にRaencoinを採用するという情報がリリースされた。


現実世界の資産をブロックチェーンに「移行」することを生業とするプラットフォームが、法規制に遵守し、オフチェーンのKYC/AMLシステム等を合わせることにより、Ravencoinでのセキュリティトークンの運用が初めて現実的なものとなる。

その意味で、各種プラットフォームの採用に関するニュースも合わせて注目していきたい。

補足|各種 Ravencoin 情報

アセット作成時のイメージ

アセット作成の際にはJSON形式でメタデータを記述しなければならず、またそのメタデータをIPFSにアップロードし、そのアドレスたるハッシュをブロックチェーンに刻み込むことができる。


https://github.com/RavenProject/Ravencoin/blob/develop/assets/asset_metadata_spec.md

AssetExplorerでの資産移動の様子

様々なアセットが羅列され、それが転送されている様子がわかる。またIPFSに保存されたデータもUTXOから見ることができる。

Ravencoin AssetExplorer

Ravencoin で発行されたアセット一覧をのぞいてみる

現状若干カオスではある(笑)

アセットエクスプローラー

Bitcoin Chainとの差分

  • The issuance schedule (block reward of 5,000 RVN)
  • Block time (1 minute)
  • Coin supply (21 Billion)
  • Mining algorithm (X16R)

大きな点としては、ブロックの暗号化アルゴリズムにX16R(16種のハッシュ関数を組み合わせたもの)と呼ばれるアルゴリズムを採用している点である。ASICによるマイニングを防止し、マイナーの中央集権化を防ごうとする意図がある。

さまざまな暗号化アルゴリズムを使用している模様

これにて本文は終わりです

Ravencoin (RVN)に関連する他の情報に触れてみる

PocketWPについて

暗号資産(暗号通貨, 仮想通貨)やブロックチェーンは理解が難しく、また一次情報の多くはPCに最適化されている状況にあります。PocketWPでは、下記の3点のアプローチによってその問題を解決しようとしています。
  • ・SmartPhoneFirst - スマホで最適化したスライド/UI
  • ・Stockable - 流れてしまいがちな情報を蓄積し、共有できる
  • ・Followable - 追いかけるべき情報源がわかる
将来的には共同で編集できる仕組みなども設計中です。 暗号資産・暗号通貨の価値を広げるには、良質な情報を読みやすく噛み砕くことが必要だと思っています。 よろしければご意見をこちらからお寄せください (お問い合わせフォーム)
運営者情報① : IXTgorilla
IXTゴリラ
@IXTgorilla
Twitterにて #PocketWP #ゴリ学習メモ なるスマホに最適化した暗号資産の学習情報をスライド形式にて発信しているゴリラ。 これまではTwitterのみの発信を行なっていましたが、蓄積される場所が欲しいという声にお答えし、Web化を行なってみました。
運営者情報② : CryptoGorillaz
暗号通貨に関する情報を共有するコミュニティ。当初はコラ画像などをつくる集団だったが、暗号通貨の魅力や将来性にほだされ、日夜暗号通貨に関する情報共有を行なっている。(IXTゴリラもここに所属しています)

寄付/投げ銭はこちら

  • Ethereum(ETH) / ERC20トークンでの投げ銭
    0x77535cb08CF5Ba3B85A34A3B037766103226c783

森のお友達をご紹介 - PocketWPのオススメ

ゴリラが尊敬する森のお友達をご紹介するコーナー。 個人的に定期的に購読していただきたい!と思うメディアや事業者さまを勝手に紹介させていただいております。
StirLab | クリプト・ブロックチェーンを「深く」知る
StirLab
https://lab.stir.network/
クリプトアセット(仮想通貨・暗号通貨)に造詣が深い方々による寄稿型メディア「StirLab」。 クリプトが「好き」でその発展を純粋に「楽しむ」人たちが集まっており、ハイクオリティな記事が集まっています。 今話題のDeFiからSTOまでトピックは幅広く、知見を深めたい人にぜひとも定期的購読していただきたいサイトです。
StirLabさんのTwitterアカウントはこちら▶️ https://twitter.com/Stir_Lab
Stir | PoS系クリプトアセットのノード事業者
Stir
https://stir.network/
Tezos, Enigma, Cosmos, Ethereum, NEMといったPoS系クリプトアセットのマイニングやノード運用を代行する事業者。ブロックチェーン機構メディアで有名な「StirLab」の運営母体でもあります。
StirさんのTwitterアカウントはこちら▶️ https://twitter.com/stir_network