PocketWPは、暗号資産(暗号通貨/仮想通貨)の情報を
整理・ストックするサービスです(β)
Republic 概要
edit 編集

クラウドファンディングプラットフォームが展開する、ブロックチェーンベースのクラウドファンディングシステム。

TokenDPAと呼ばれる債権を明示化したトークンを、クラウドファンディングに利用しているプロジェクト。

概要 | Republicとは

Republicは元々はクラウドファンディングを運営する会社。
2016年に制定された、米国JOBS法Title IIIという法案がある。RepulicはこのTitle IIIに従い、リワードや寄付を目的としたものではない、収益を得るための「投資(Equity-based crowdfunding)」としての側面のクラウドファンドを取り扱い、運営してきた。

補足情報 | Title IIIとは?

米国JOBS法(Jumpstart Out Business Startups Act)とは、小規模成長企業が資本調達する可能性を高めるための改革/IPO市場の低迷に対する対策を掲げて2012年に成立した法律。7つのタイトルで構成される

JOBS法の7つのタイトル

  • TITLE I - REOPENING AMERICAN CAPITAL MARKETS TO EMERGING GROWTH COMPANIES
  • TITLE II - ACCESS TO CAPITAL FOR JOB CREATORS
  • TITLE III - CROWDFUNDING
  • TITLE IV - SMALL COMPANY CAPITAL FORMATION
  • TITLE V - PRIVATE COMPANY FLEXIBILITY AND GROWTH
  • TITLE VI - CAPITAL EXPANSION
  • TITLE VII - OUTREACH ON CHANGES TO THE LAW OR COMMISSION

まず「TITLE I」「TITLE II」「TITLE IV」の順で施行され、2016年にクラウドファンディングに関する「TITLE III」が施行された。

Title IIIの施行で

米国における非公開企業への投資ではSECに登録した「適格投資家」でなければならないなど、様々な規制がある。「TITLE III」はその規制を限定的に緩めるものであった。

Cryptoを用いた新しいクラウドファンディング

Republicは従来のクラウドファンディング運営に加え、新しく「TITLE III」の規制に依拠したクリプトベースのクラウドファンディングプラットフォームの運営を開始した。

これはTokenDPAと呼ばれるトークンを仲介して資金調達するプラットフォームである。資金調達する各々の企業がトークンを発行するのではなく、Republicが「貸し付け」の証明となるTokenDPAを発行し、資金調達する企業への仲介システムを提供するという仕組みだ。

TokenDPA | Republicの特徴

米国のクリプトではSAFTと呼ばれる仕組みでのトークン発行が広く使われているが、主に認定投資家向けのツールだったり、プロジェクトが失敗した際に債務者の権利をトークン保有者が持つことができない、という弱点が存在する。
TokenDPAはその弱点を克服した「債務証明」を有するトークンとなっている。プロジェクトが失敗した時、債務保有者として企業が持つ資本を分配してもらう権利を有する仕組みを持っている。

問題点

「Title III」の影響を大きく受けるプラットフォームゆえ、そこで購入した任意のファンドのTokenDPAは、認定投資家にしか譲渡できない、家族間での譲渡しかできない等かなり制限される。
Cryptoベースといいつつも、余りブロックチェーンを用いたメリットを感じない。

正直クリプトを使う意味は余りないのでは、と思ったプロジェクトである。


これにて本文は終わりです

Republic (Republic)に関連する他の情報に触れてみる

PocketWPについて

暗号資産(暗号通貨, 仮想通貨)やブロックチェーンは理解が難しく、また一次情報の多くはPCに最適化されている状況にあります。PocketWPでは、下記の3点のアプローチによってその問題を解決しようとしています。
  • ・SmartPhoneFirst - スマホで最適化したスライド/UI
  • ・Stockable - 流れてしまいがちな情報を蓄積し、共有できる
  • ・Followable - 追いかけるべき情報源がわかる
将来的には共同で編集できる仕組みなども設計中です。 暗号資産・暗号通貨の価値を広げるには、良質な情報を読みやすく噛み砕くことが必要だと思っています。 よろしければご意見をこちらからお寄せください (お問い合わせフォーム)
運営者情報① : IXTgorilla
IXTゴリラ
@IXTgorilla
Twitterにて #PocketWP #ゴリ学習メモ なるスマホに最適化した暗号資産の学習情報をスライド形式にて発信しているゴリラ。 これまではTwitterのみの発信を行なっていましたが、蓄積される場所が欲しいという声にお答えし、Web化を行なってみました。
運営者情報② : CryptoGorillaz
暗号通貨に関する情報を共有するコミュニティ。当初はコラ画像などをつくる集団だったが、暗号通貨の魅力や将来性にほだされ、日夜暗号通貨に関する情報共有を行なっている。(IXTゴリラもここに所属しています)

寄付/投げ銭はこちら

  • Ethereum(ETH) / ERC20トークンでの投げ銭
    0x77535cb08CF5Ba3B85A34A3B037766103226c783

森のお友達をご紹介 - PocketWPのオススメ

ゴリラが尊敬する森のお友達をご紹介するコーナー。 個人的に定期的に購読していただきたい!と思うメディアや事業者さまを勝手に紹介させていただいております。
StirLab | クリプト・ブロックチェーンを「深く」知る
StirLab
https://lab.stir.network/
クリプトアセット(仮想通貨・暗号通貨)に造詣が深い方々による寄稿型メディア「StirLab」。 クリプトが「好き」でその発展を純粋に「楽しむ」人たちが集まっており、ハイクオリティな記事が集まっています。 今話題のDeFiからSTOまでトピックは幅広く、知見を深めたい人にぜひとも定期的購読していただきたいサイトです。
StirLabさんのTwitterアカウントはこちら▶️ https://twitter.com/Stir_Lab
Stir | PoS系クリプトアセットのノード事業者
Stir
https://stir.network/
Tezos, Enigma, Cosmos, Ethereum, NEMといったPoS系クリプトアセットのマイニングやノード運用を代行する事業者。ブロックチェーン機構メディアで有名な「StirLab」の運営母体でもあります。
StirさんのTwitterアカウントはこちら▶️ https://twitter.com/stir_network