PocketWPは、暗号資産(暗号通貨/仮想通貨)の情報を
整理・ストックするサービスです(β)
ST関連 Securrency 要約
edit 編集

セキュリティトークンの発行と運用をサポートするソフトウェアベンダー。有価証券のレガシーなシステムに、 ブロックチェーンを組み入れるためのソフトウェアを提供する。

有価証券のレガシーなシステムに、ブロックチェーンを組み入れるためのソフトウェアを提供する会社。

概要

セキュリティトークン発行の補助システムを提供するコンサルティング会社。
有価証券のレガシーなシステムに、ブロックチェーンを組み入れるためのソフトウェアを提供する。

提供サービス

DIBS(Decentralized Investment Banking Services, 分散化された投資銀行サービス)と
呼称された概念の傘の元に以下のサービスを提供している。

Securrency | ソフトウェア

Securrencyは、会社名であり、ソフトウェアである。
法令に遵守したトークン発行やトークンの管理ができるソフトウェアとのこと。

下記の4種の形態でサービスが提供される模様。

  • SaaS型 | securrency.com上で、一般的に投資家に提供するサービス
  • SaaS型 | (B向け) 会社がSecurrency上でブランドを掲げて提供するサービス
  • PaaS型 | (B向け) Securrencyブランドを配して、自社のブランド(サイト)としてSecurrencyのシステムを提供する。
  • PaaS型 | (B向け) 完全に独自ドメイン+独自ホスティングで自社内にSecurrencyを組み込む

RegTex | コンプライアンスサービス

セキュリティトークンを有価証券たらしめるための各種サポートサービスを、プラットフォームとして提供。

  • KYC/AML&投資家の認定資格検証
  • セキュリティトークン募集資格の管理
  • 有価証券報告書の発行
  • 納税申告書の提供

Securrencyプラットフォームに組み込まれており、そのプラットフォームからこれらをオプション的に購入し利用可能な模様。

Smart ContraX | テクニカル/ビジネスサポート

セキュリティトークンの作成・コンサルティングサービス。

InfinXchange | 既存金融サービスとの統合

https://exchange.securrency.com/

既存の金融サービスとブロックチェーンの統合を包括的にサポートするサービス。
従来の金融サービスを、モバイル決済やネットワーク的な取引に接続することで、金融の民主化を狙うとのこと。

独自プロトコル | CAT-20 (Compliance Awere Token) / CAT-721

Securrencyが独自開発するプロトコル。下記のような機能を提供している。
おそらく送金と保有に関する制限を設けることを念頭に置いていると思われる。

  • 37の管轄区域でのKYC
  • WalletとKYCの対応づけ
  • 自動資金調達の検証

SecurrencyはCAT-20に準拠したトークンの発行をサポートする。

セキュリティトークンにどう関わるか

発行に関するプラットフォームを提供するだけでなく、銀行や金融機関などをターゲットにソフトウェアを提供するというのは他のセキュリティトークンの「発行」には見かけないユニークな特徴。
表に見えるプラットフォームの派手さはないものの、堅実な印象。

これにて本文は終わりです

Securrency (Securrency)に関連する他の情報に触れてみる

PocketWPについて

暗号資産(暗号通貨, 仮想通貨)やブロックチェーンは理解が難しく、また一次情報の多くはPCに最適化されている状況にあります。PocketWPでは、下記の3点のアプローチによってその問題を解決しようとしています。
  • ・SmartPhoneFirst - スマホで最適化したスライド/UI
  • ・Stockable - 流れてしまいがちな情報を蓄積し、共有できる
  • ・Followable - 追いかけるべき情報源がわかる
将来的には共同で編集できる仕組みなども設計中です。 暗号資産・暗号通貨の価値を広げるには、良質な情報を読みやすく噛み砕くことが必要だと思っています。 よろしければご意見をこちらからお寄せください (お問い合わせフォーム)
運営者情報① : IXTgorilla
IXTゴリラ
@IXTgorilla
Twitterにて #PocketWP #ゴリ学習メモ なるスマホに最適化した暗号資産の学習情報をスライド形式にて発信しているゴリラ。 これまではTwitterのみの発信を行なっていましたが、蓄積される場所が欲しいという声にお答えし、Web化を行なってみました。
運営者情報② : CryptoGorillaz
暗号通貨に関する情報を共有するコミュニティ。当初はコラ画像などをつくる集団だったが、暗号通貨の魅力や将来性にほだされ、日夜暗号通貨に関する情報共有を行なっている。(IXTゴリラもここに所属しています)

寄付/投げ銭はこちら

  • Ethereum(ETH) / ERC20トークンでの投げ銭
    0x77535cb08CF5Ba3B85A34A3B037766103226c783

森のお友達をご紹介 - PocketWPのオススメ

ゴリラが尊敬する森のお友達をご紹介するコーナー。 個人的に定期的に購読していただきたい!と思うメディアや事業者さまを勝手に紹介させていただいております。
StirLab | クリプト・ブロックチェーンを「深く」知る
StirLab
https://lab.stir.network/
クリプトアセット(仮想通貨・暗号通貨)に造詣が深い方々による寄稿型メディア「StirLab」。 クリプトが「好き」でその発展を純粋に「楽しむ」人たちが集まっており、ハイクオリティな記事が集まっています。 今話題のDeFiからSTOまでトピックは幅広く、知見を深めたい人にぜひとも定期的購読していただきたいサイトです。
StirLabさんのTwitterアカウントはこちら▶️ https://twitter.com/Stir_Lab
Stir | PoS系クリプトアセットのノード事業者
Stir
https://stir.network/
Tezos, Enigma, Cosmos, Ethereum, NEMといったPoS系クリプトアセットのマイニングやノード運用を代行する事業者。ブロックチェーン機構メディアで有名な「StirLab」の運営母体でもあります。
StirさんのTwitterアカウントはこちら▶️ https://twitter.com/stir_network