PocketWPは、暗号資産(暗号通貨/仮想通貨)の情報を
整理・ストックするサービスです(β)
ST関連会社 TrustToken 概要
edit 編集

TrustTokenはリアルアセットを担保にしたトークンを発行できるプラットフォーム。 またそれらトークンの2次取引(トレーディング)をサポートしている。

TrustTokenはセキュリティートークンの「発行(Issuer)」に携わるプレイヤーの一つ。 現実世界に存在する資産をトークン化することを目的としている。 トークン化対象となる現実世界の資産(リアルアセット)は、下記の種類をターゲットにしている。

TrustTokenはリアルアセットを担保にしたトークンを発行できるプラットフォーム。
またそれらトークンの2次取引(トレーディング)をサポートしている。

概要 | TrustToken

TrustTokenはセキュリティートークンの「発行(Issuer)」に携わるプレイヤーの一つ。
現実世界に存在する資産をトークン化することを目的としている。
トークン化対象となる現実世界の資産(リアルアセット)は、下記の種類をターゲットにしている。

法定通貨

  • USD
  • EUR

コモデティ

有価証券等

  • スモールビジネス(Small Bussiness)
  • 株式(Stocks)
  • 債権(Bonds)
  • 賃貸不動産(Rental Properties)
  • 会員権(TimeShares)
  • 特許(Patents)

ジョイントベンチャー・出資等

  • 映画への出資(Movies)
  • 出版への出資(Books)
  • テレビ番組への出資(TV Shows)
  • 音楽への出資(Movies)

メリット | TrustTokenが謳うST化のメリット

流動性の向上

リアルアセットが世界中で取引できるようになり、流動性を高めることができることを訴求している。

ネットワーク効果

リアルアセットの分散所有によって、金融商品が金融機関を頂点としたツリー型の流通構造から、アメーバ型の相互作用のネットワーク形態に変わっていく。これにより流通に際して、従来十分に利用できなかった、SNSのようなネットワーク効果を利用することができるようになる。

世界中から出資してもらうことが可能

トークンすばやく世界中に流通させることができるゆえ、世界中の投資家から出資を受けることができるようになる。

具体的な提供サービス

①TrustTokenPlatform

サイト内部で詳細には開設されていないが、文脈から推測するに、セキュリティトークンの発行およびセキュリティトークンのトレードを行うオンラインサービス、ないしはTrustTokenという会社のコンサルティングサービスを指しているものと思われる。

②SmartTrust

信託に携わる弁護士と一緒に開発した商品。

①スマートコントラクトでの所有権
②法的に所有権を保証
③書き込まれたスマートコントラクトを現実世界で執行できる法的な裏付けの付与

これらを担保する。

③TrustToken

TrustTokenPlatform上で使われるトークン。

①会計上の要件を満たし、法的金融機関と連携する受託者に支払う
②プラットフォームの参加者間の支払いの調整としてつかう
③すべてのSmartTrustの基になる資産を担保

④TrustProtocol

スマートコントラクトで信託商品を実行するためのプロトコル。エスクローに関するサイン、リアルアセットの紐付けはこのプロトコルで記述されると思われる。

⑤TrueUSD (StableCoin)

TrustTokeではTrueUSDという、1ドルと1通貨単位が一対一のステーブルコインを開発した。これにより、スマートコントラクトでの資産運用をスムースに行うことができる。

TrueUSD

セキュリティトークンをより円滑に運用するためのツールがステーブルコインとなる。
ブロックチェーン上で実行される様々な支払いを、取引が24時間265日取引のできない「銀行口座」をベースにしてしまうと様々な不都合がでてしまう。一方で、BTC等の既存の暗号通貨を利用してしまうと、短時間の取引であったとしても高いボラティリティが発生してしまうこともあり、現実的な運用が難しくなってしまう。

TrustTokeではTrueUSDという、1ドルと1通貨単位が一対一のステーブルコインを開発した。これにより、スマートコントラクトでの資産運用をスムースに行うことができる。

どういう実装か?

Ethereumのトークンとして、TrueUSDは作成されている。
TrueUSDは任意の銀行にUSDを送金し、KYC/AMLチェックの済んだ後、EthereumWalletに入金される。そういった形でTrueUSDを購入できる。

(おそらくだが、これは法人向けの購入方法だと思われる。いま各種取引所でTrueUSD可能。)

(参考:Etherscan TrueUSD)
https://etherscan.io/token/0x8dd5fbce2f6a956c3022ba3663759011dd51e73e

将来的なビジョン

TrustTokenはUSDのみならず、今後EUROの対応、またBond(おそらく各国の国債)なども対応していく予定。

利用用途

(ブロックチェーン上の)金融業務
BTCやETHなどのボラティリティを回避した形で利用できる

資産回避
BTCやETHなどのボラティリティを回避した形で一時的な待避可能

Eコマース
オンラインでの決済、エスクロー、ローンなどに利用できる

交換
トークンのExchangeに利用する。

TrueUSDのステークホルダー

出資者等

スタンフォード大学のStartXファンドなどがTrustTokenに出資している。

協業の会社

顧問

チームメンバーの出身企業・等

TrustTokenはセキュリティトークンにどう関わっていくか。

TrueUSDを発行するなど、着実にコマを進めている印象のあるTrustToken。
Platformの全容は見えないが、銀行との連携や50カ国に対応したトークンの発行を実現、様々なリアルアセットの担保を明示するなど、現実世界への適応に力点を置いている。

プロトコルレイヤーでの目立った活動を見ることはできなかったが、どのようなセキュリティトークンがTrustTokenから発行されるか、注目していきたいところだ。

これにて本文は終わりです

TrustToken (TrustToken)に関連する他の情報に触れてみる

PocketWPについて

暗号資産(暗号通貨, 仮想通貨)やブロックチェーンは理解が難しく、また一次情報の多くはPCに最適化されている状況にあります。PocketWPでは、下記の3点のアプローチによってその問題を解決しようとしています。
  • ・SmartPhoneFirst - スマホで最適化したスライド/UI
  • ・Stockable - 流れてしまいがちな情報を蓄積し、共有できる
  • ・Followable - 追いかけるべき情報源がわかる
将来的には共同で編集できる仕組みなども設計中です。 暗号資産・暗号通貨の価値を広げるには、良質な情報を読みやすく噛み砕くことが必要だと思っています。 よろしければご意見をこちらからお寄せください (お問い合わせフォーム)
運営者情報① : IXTgorilla
IXTゴリラ
@IXTgorilla
Twitterにて #PocketWP #ゴリ学習メモ なるスマホに最適化した暗号資産の学習情報をスライド形式にて発信しているゴリラ。 これまではTwitterのみの発信を行なっていましたが、蓄積される場所が欲しいという声にお答えし、Web化を行なってみました。
運営者情報② : CryptoGorillaz
暗号通貨に関する情報を共有するコミュニティ。当初はコラ画像などをつくる集団だったが、暗号通貨の魅力や将来性にほだされ、日夜暗号通貨に関する情報共有を行なっている。(IXTゴリラもここに所属しています)

寄付/投げ銭はこちら

  • Ethereum(ETH) / ERC20トークンでの投げ銭
    0x77535cb08CF5Ba3B85A34A3B037766103226c783

森のお友達をご紹介 - PocketWPのオススメ

ゴリラが尊敬する森のお友達をご紹介するコーナー。 個人的に定期的に購読していただきたい!と思うメディアや事業者さまを勝手に紹介させていただいております。
StirLab | クリプト・ブロックチェーンを「深く」知る
StirLab
https://lab.stir.network/
クリプトアセット(仮想通貨・暗号通貨)に造詣が深い方々による寄稿型メディア「StirLab」。 クリプトが「好き」でその発展を純粋に「楽しむ」人たちが集まっており、ハイクオリティな記事が集まっています。 今話題のDeFiからSTOまでトピックは幅広く、知見を深めたい人にぜひとも定期的購読していただきたいサイトです。
StirLabさんのTwitterアカウントはこちら▶️ https://twitter.com/Stir_Lab
Stir | PoS系クリプトアセットのノード事業者
Stir
https://stir.network/
Tezos, Enigma, Cosmos, Ethereum, NEMといったPoS系クリプトアセットのマイニングやノード運用を代行する事業者。ブロックチェーン機構メディアで有名な「StirLab」の運営母体でもあります。
StirさんのTwitterアカウントはこちら▶️ https://twitter.com/stir_network