PocketWPは、暗号資産(暗号通貨/仮想通貨)の情報を
整理・ストックするサービスです(β)
Open Insurance by Beyond.Insure
edit 編集

Beyond.Insure Update 2020/10

Open Insuranceの概論

Open Insuranceは、透明性を促進し、InsurTechsや保険会社との深い統合を提供することで、イノベーションと新しいビジネスモデルの向上を目指す取り組みです。この取り組みは保険契約者に権限を与え、テクノロジーのベストプラクティスに焦点を当てています。

同様の取り組みは、英国のオープンバンキング規制とヨーロッパのRDP2を通じて銀行に導入されました。大きな違いは、オープンバンキングが規制によって施行され、銀行にデータへのアクセスを義務づけたことです。その結果、広く採用され、多くの成功したプラットフォーム・プロバイダーが誕生しました。しかし、保険業界では、規制当局はまだこの方向には進んでいません。代わりに、プラットフォーム・プロバイダーは、強力な価値提案とメリットを提供することにより、保険会社にプラットフォームに参加するよう説得する必要があります。

Open Insuranceプラットフォームとは、基本的には、複数の保険会社間でアクセスやデータモデルの標準を設定するAPIスイートであり、保険契約者中心の見方を提供することを目的としています。

この記事では、これらの利点の概要と、どのようにOpen Insuranceを実装するかを説明します。

なぜOpen Insuranceが保険会社の関心を集めるのか?

Open Insuranceは、保険業界に革命をもたらし、デジタル化と新しいビジネスモデルに向けて保険業界を更に前進させる可能性を秘めています。InsurTechsやサービスプロバイダーにとって、Open Insuranceのプラットフォームは、保険契約者データへの強力なゲートウェイとなります。

保険会社がOpen Insuranceを採用すべき理由は幾つかあります。

顧客体験の向上
革新的なInsurTechsによって作成された、保険契約者データの上で機能するレイヤーを有効にすることで、顧客はより豊かな体験を得ることができます。

デジタルアジリティの向上
ほとんどの保険会社にとって、社内でイノベーションを推進し、新しいビジネスソリューションを導入することは難しく、多額の投資を必要とします。また、既存のビジネスニーズと競合することが多いため、優先順位が低くなってしまいます。Open Insuranceプラットフォームを活用することで、貴社と貴社のテクノロジーパートナーはデジタルトランスフォーメーションの基盤を得ることができます。

クラス最高のAPI
Open Insuranceは、収益を生み出すAPI、分析やレポートなどの追加機能、及び既存のパートナーのための標準的な統合ポイントを提供します。よく設計されたAPIと保険契約者データのための強力なドキュメントを活用することで、他の機能を含めるためのアプローチを簡単に広げることができます。

コラボレーションの機会
API駆動のアプローチにより、保険会社はデータやサービスを提供するサードパーティのプロバイダーと簡単に統合し、協力して自社の商品を充実させることができます。オープンバンキングでは、プラットフォームを利用する銀行外の企業による、賃借人の身元照会、クレジットスコアリング、予算編成などの活用事例を見てきました。

新規事業の機会
Open Insuranceでは、保険会社が簡単に保険契約者データを共有できるようになりますが、保険会社は他の保険会社やプロバイダーのデータも利用できることを覚えておくことが重要です。これにより、保険会社は補完的なデータセットを持ち込んで新商品を作ることができます。

誰がOpen Insuranceを利用するのか?

保険ソリューションを提供する企業は、Open Insuranceプラットフォームの主要なターゲットとなります。標準的な方法で保険契約者データにアクセスするために統合する機能により、ソリューションの開発を迅速かつ容易にします。

上述したように、保険会社がOpen Insuranceと統合することには大きなメリットがあります。更に、保険会社自身がOpen Insurance APIの消費者となることで、保険契約者の全体像をより包括的に把握し、保険会社の提供するサービスに保険以外の関連データを統合することができるかもしれません。

Beyond Open Insuranceの背景にある動機とは?

私たちは、主に保険会社やブローカーの内部プロセスと、そのパートナーとの統合に対処する見積りとバインドに焦点を当てたプラットフォームに取り組んできました。このようなプラットフォームを採用することは、既存のITソリューションの大部分を置き換えることになるため、煩雑さや雇用喪失の可能性があることから、固有の抵抗感があります。Open Insuranceの統合は、既存のシステムをより補完するものになります。私たちは、Open Insuranceの仕様をサポートするためにプラットフォームを適応させ、この分野のリーディングプロバイダーになることを目指しています。特筆すべきは、Beyond Insureプラットフォームは既にOpen Insuranceの機能やアプローチと密接に連携しており、主な違いは公開APIに重点を置いていることです。

私たちは、今後2年間でOpen Insuranceが大きな牽引力を発揮すると考えています。より多くの保険会社が統合機能を提供するようになれば、それは保険業界において避けて通れないものとなるでしょう。

Beyond InsureはOpen Insuranceとどのように連携するのか?

現在のBeyond Insureの機能は、既にOpen Insuranceの範囲に沿ったものとなっています。主な違いは、これまでUIをサポートしてきた当社のAPIが第一級オブジェクトとなり、実際の製品になったことです。アカウント管理やデータ探索用のUIは引き続き提供しますが、Beyond InsureとのやりとりはREST APIを介して行うのが主な方法となります。

対応している機能
最初のバージョンには以下のAPIが含まれています。

  • Identity API: OAuth 2.0を介して保険会社による保険契約者の認証と承認を可能にします。私たちはOpenIDや他の様々な方法も検討しています
  • Enquiry API: 保険契約者が保険を申し込む際に提出した全ての情報
  • Policy API: 見積もりやバインドの機能を含む、ユーザーの契約に関する全ての詳細。このAPIは、契約の処理や調整も提供します
  • Product API: キャリアや仲介業者のカタログを提供します
  • Data API: サードパーティ/オープンデータ、及び保険契約者から提供された収益化データを提供します

以後、再保険と再々保険が利用可能になり次第追加されます。

どのくらいの費用がかかり、どのように課金するのか?

API駆動型のプラットフォームは、トークン化された課金モデルに非常に適しており、APIの呼び出しはIXTの量として価格が設定され、発信者に関連付けられたクレジット残高から課金されます。私たちの場合、プラットフォームのアカウントはIXT残高を保持する必要があり、直接または間接的に購入して課金に使用します。

例として、GET. /policies/123ABC を呼び出すと、発信者には10 IXTが請求されます。価格は、IXT価格の上昇の可能性に対応するために調整されます。

結論

私たちは、この新しい方向性に非常に興奮しており、それが私たちに新たな、より広い機会を提供すると強く信じています。私たちは既に、潜在的なパートナーや規制のサンドボックスとの対話を開くためのアウトリーチを始めています。今後数ヶ月間、進捗状況をお伝えしていきます。

これにて本文は終わりです

iXLedger (IXT)に関連する他の情報に触れてみる

他のiXLedgerの解説も見る

PocketWPについて

暗号資産(暗号通貨, 仮想通貨)やブロックチェーンは理解が難しく、また一次情報の多くはPCに最適化されている状況にあります。PocketWPでは、下記の3点のアプローチによってその問題を解決しようとしています。
  • ・SmartPhoneFirst - スマホで最適化したスライド/UI
  • ・Stockable - 流れてしまいがちな情報を蓄積し、共有できる
  • ・Followable - 追いかけるべき情報源がわかる
将来的には共同で編集できる仕組みなども設計中です。 暗号資産・暗号通貨の価値を広げるには、良質な情報を読みやすく噛み砕くことが必要だと思っています。 よろしければご意見をこちらからお寄せください (お問い合わせフォーム)
運営者情報① : IXTgorilla
IXTゴリラ
@IXTgorilla
Twitterにて #PocketWP #ゴリ学習メモ なるスマホに最適化した暗号資産の学習情報をスライド形式にて発信しているゴリラ。 これまではTwitterのみの発信を行なっていましたが、蓄積される場所が欲しいという声にお答えし、Web化を行なってみました。
運営者情報② : CryptoGorillaz
暗号通貨に関する情報を共有するコミュニティ。当初はコラ画像などをつくる集団だったが、暗号通貨の魅力や将来性にほだされ、日夜暗号通貨に関する情報共有を行なっている。(IXTゴリラもここに所属しています)

寄付/投げ銭はこちら

  • Ethereum(ETH) / ERC20トークンでの投げ銭
    0x77535cb08CF5Ba3B85A34A3B037766103226c783

森のお友達をご紹介 - PocketWPのオススメ

ゴリラが尊敬する森のお友達をご紹介するコーナー。 個人的に定期的に購読していただきたい!と思うメディアや事業者さまを勝手に紹介させていただいております。
StirLab | クリプト・ブロックチェーンを「深く」知る
StirLab
https://lab.stir.network/
クリプトアセット(仮想通貨・暗号通貨)に造詣が深い方々による寄稿型メディア「StirLab」。 クリプトが「好き」でその発展を純粋に「楽しむ」人たちが集まっており、ハイクオリティな記事が集まっています。 今話題のDeFiからSTOまでトピックは幅広く、知見を深めたい人にぜひとも定期的購読していただきたいサイトです。
StirLabさんのTwitterアカウントはこちら▶️ https://twitter.com/Stir_Lab
Stir | PoS系クリプトアセットのノード事業者
Stir
https://stir.network/
Tezos, Enigma, Cosmos, Ethereum, NEMといったPoS系クリプトアセットのマイニングやノード運用を代行する事業者。ブロックチェーン機構メディアで有名な「StirLab」の運営母体でもあります。
StirさんのTwitterアカウントはこちら▶️ https://twitter.com/stir_network